未分類

新型コロナウイルス感染予防のため
「モノレールを呼ぼう!市民の会10周年記念イベント」を延期中止します。


これまでにご応募いただいた皆様の作品につきましては、モノレール川柳は、「10周年記念誌」に応募者全員の作品をおひとり1句掲載します。モノレール替え歌は、「10周年記念映像」の中で最優秀作品をご紹介します。なお選考にあたりましては、当会の選考委員会で選ばせていただきます。

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
モノレールを呼ぼう!市民の会10周年記念イベント特別企画として
モノレール川柳とモノレールかえ歌を募集します。
~景品多数! 優秀作品は、イオン商品券!~

発表は3月21日開催の10周年記念イベントで行います。

モノレール川柳
応募は、ハガキまたはFAXに、下記の必要事項を記入し送るか、同じく下記の入力フォームから、おひとり何句でも応募いただけますが、1句ごとにご応募ください。

モノレール替え歌
応募は、ハガキまたはFAXに、下記の必要事項を記入し送るか、同じく下記の入力フォームから、原曲のタイトルと、かえ歌の歌詞ワンコーラスのみを、お送りください。
こちらも1曲ごとにご応募ください。

<応募先>
モノレールを呼ぼう!市民の会 事務局
〒208-0004 武蔵村山市本町2-5-1 商工会内
電話:042-560-1327
FAX:042-560-6232

<必要事項>
(1)作品 (2)氏名 (3)住所 (4)電話番号 (5)(お持ちの場合は)メールアドレス

<締切り>
2020年3月10日(火)必着…終了しました

未分類

3月16日(土)13:30開場 14:00開始
会場:イオンシネマむさし村山

テーマ「見えてきた モノレール延伸! 
              私たちのまちをどのようにしたいのか?」
第1部 基調講演
・「モノレール整備と沿線まちづくり」
 前田 修司 氏(一般社団法人 日本モノレール協会)
・「モノレール沿線まちづくり構想について」
 桂 健太郎 氏(武蔵村山市都市整備部長)

第2部 パネルディスディスカッション
パネリスト
・基調講演者2名
・モノレールを呼ぼう!市民の会 会長
・武蔵村山市市内の中学生
ファシリテーター
・井上 晶夫 氏(ワークショップデザイナー)

第3部 質疑応答(16:00終了予定)

定員:130人(当日参加可能ですが、お席が用意できない場合もあります)
入場無料です。

未分類

立川駅のエキュートにある東京都の観光情報センターで、昨年11月の1カ月間、武蔵村山市のPRのために貼りなおしたねぶたが飾られ、J:comの取材も受けました。

未分類

山車の巡行は、貼りかえた新しいねぶたで、参加。多くの方々がいっしょに曳いてくれました。
モノレールを呼ぼう!市民の会の企画として、キッズダンスのコンテスト「モノレール!Dance Delight」と発表の場「Dance Shower」には、約400名のキッズダンサーが参加しました。

未分類

市役所に飾ってあるモノレールねぶた、デエダラでお披露目する新しいぶたを補修するために、約2週間滞在していたむつ市城ヶ沢佞武多実行委員会の師匠にお手伝いいただき、リニューアルしました。

未分類

~このイベントは終了しました~
現在、武蔵村山市内では、モノレールの導入空間となる新青梅街道の拡幅工事が着々と進んでいます。
第3回を迎えた100人会議モノレール編は、今後の延伸の見通しに合わせ、自分たちの暮らすまちをどうしていきたいのかをみんなで考える集いです。
今回は、住みたいまちとしてたびたびランキングの1位を獲得している吉祥寺(武蔵野市)のまちづくりの実践例と、モノレールにより変貌していく他市の事例を、当事者や専門家にお話しいただき、武蔵村山市のまちづくりを、市民と行政が一体となってすすめる方法を考えます。
パネリストには、武蔵村山市長もご登壇いただきます。
※当日参加も可能ですが、定員の130名を超えた場合は入場をお断りする場合もあります。

3月17日(土)14:00~16:00(受付開始13:00 入場開始13:30)
会場:イオンモールむさし村山3階 イオンシネマむさし村山

プログラム
第1部 基調講演 14:00~14:50
「モノレール整備と沿線まちづくり」 前田 修司 氏(一般社団法人 日本モノレール協会)
「駅を活かした市民参加のまちづくり」 邑上 守正 氏(前 武蔵野市長・(株)アーバンデザインコンサルタント技術顧問)

第2部 パネルディスカッション 14:50~15:30
パネリスト
・藤野 勝 氏(武蔵村山市長)
・邑上 守正 氏(前 武蔵野市長・(株)アーバンデザインコンサルタント技術顧問)
・前田 修司 氏(一般社団法人 日本モノレール協会)
・米原 義春(モノレールを呼ぼう!市民の会 会長)
・宮下 信一 氏(市内企業従業員・・・西武信用金庫村山支店)
・東京都立武蔵村山高等学校生徒会
ファシリテーター:吉冨 広(武蔵村山市ボランティア・市民活動センター センター長)

第3部 質疑応答 15:30~16:00

参加申込みは下記の申込みフォームからお願いします。【締め切り3月14日(水)】

お問合せ先
モノレールを呼ぼう!市民の会 事務局
TEL 042-560-1327 FAX 042-560-6232

未分類


写真:右から要望書を提出する澤田副会長、米原会長
左から藤野武蔵村山市長、谷村東京都議会議員、小池東京都知事

「多摩都市モノレール早期延伸について」東京都知事に要望書を提出しました。

日 時:平成30年2月9日(金)
訪問先:東京都

「モノレールを呼ぼう!市民の会」米原義春会長、澤田泉副会長が藤野勝武蔵村山市長、谷村孝彦東京都議会議員同席のもと小池百合子都知事に要望書を手交いたしました。

要望書(抜粋)
上北台から箱根ヶ崎へのモノレール延伸実現を悲願とする私たち、そして武蔵村山市民は、このたびの東京都鉄道新線建設等準備基金が創設されることを契機に、箱根ヶ崎へのモノレール延伸の事業化が小池知事のもとで早期に図られますよう強く要望致します。

未分類

小池百合子知事は15日、武蔵村山市の藤野勝市長ら都内8市町村の首長と面会し各自治体の課題や要望などを聞いた。

藤野市長は市内に駅がないことを問題視し、「モノレールが延伸されれば通勤通学の自由度が高まり、住宅整備に弾みがつく」と強調。小池氏は「多摩地区の活力のアップに直接資すると認識している。検討を深めたい」と応じた。

小池氏は都内全39市町村の首長と意見交換に取り組んでおりこの日は4日目。

http://www.sankei.com/region/news/170216/rgn1702160041-n1.html

(産経ニュース)


↑再生ボタンを押すと武蔵村山市の順番の59分付近からスタートします。

未分類

2月1日木曜日
「モノレールを呼ぼう!市民の会」の賛助会員事業として
多摩都市モノレール早期延伸 意見交流会が
武蔵村山市本町の、武蔵「平成の間」で開催されました。

午後7時に米原義春会長のあいさつでスタート

 

 

 

 

 

 

第1部として
今回のテーマである「多摩都市モノレール早期延伸に向けた現状等について」に基づき
藤野勝 武蔵村山市長

桂健太郎 武蔵村山市都市整備部長
谷村孝彦 東京都議会議員
尾崎あや子 東京都議会議員
関野たかなり 東京都議会議員
の皆様から講話をいただきました。

続いて、意見交換として
特別来賓の皆様
荻野昭夫 瑞穂町商工会長
岡本日吉 瑞穂町商工会副会長
高水英夫 瑞穂町商工会副会長

賛助会員の皆様
宮下信一さん
井上ツヤ子さん
からご発言をいただき、活発な討議が行われました。

 

 

 

 

 

続いて第2部として交流会が行われました。

最後に、猪股昭副会長の挨拶により午後9時に閉会しました。

未分類

今年も「村山デエダラまつり」に出店いたします。

当市民の会では、東大和市の上北台駅から瑞穂町の箱根ヶ崎までのモノレール早期延伸の活動の一環として今年も「村山デエダラまつり」に出店いたします。当日は、市内外へ早期延伸をPRするため、サポート会員の募集、グッズ配布、子供たちのストリートダンス「モノレールDance Delight」の披露、モノレール山車の運行をいたします。是非、お立ち寄りください。

日 時 平成29年10月21日(土)9:30~20:00
         10月22日(火)9:30~16:00
会 場 真如苑プロジェクト用地
内 容 (1)早期延伸PR・サポート会員募集
              (2)グッズ・風船配布 
              (3)モノレール!Dance Delight!!  21日(土)16:45~
              (4)モノレール山車運行                     21日(土)19:00~

昨年の様子

PAGE TOP